皮膚を伸ばす | 少しでも異変に気付いたら早めの診察を受けよう

少しでも異変に気付いたら早めの診察を受けよう

医者

皮膚を伸ばす

乳がん手術の際に、大胸筋は十分に残ったが皮膚は多く切除するということもあります。そのような場合は、大きな人工乳房を挿入する乳房再建が難しいです。
小さな人工乳房を入れる乳房再建であれば出来ますが、反対側の乳房のサイズが大きかった場合はバランスが悪くなってしまいます。
そのような場合に行なわれるのが、組織拡張法という手術です。ティッシュエキスパンダー法とも呼ばれています。
この方法は皮膚が足りない部分に、組織拡張器皮膚軟部組織を進展させる事ができる医療器具の事を言います。

組織拡張法を行なう際には、全身麻酔を行ないます。そして、乳房を切除した部分の皮膚と筋肉の舌に風船状のエキスパンダーを挿入します。
エキスパンダーを固定し、滅菌した生理用食塩水を入れます。2週間に1回ほどのスパンで生理用食塩水を入れ替えます。このような手術を3ヶ月ほど繰り返すことで皮膚が拡張してきます。
エキスパンダーを挿入している間に不便を感じることはほとんどありません。問題なく日常生活を送ることができます。
十分に皮膚が伸縮した後は、エキスパンダーが除去されて、代わりに人工乳房を挿入します。委員によっては全身麻酔なしで日帰り手術を行なう事もできます。
この手術方法は、左右のバランスを整えやすく、事前な仕上がりが魅力です。乳房のたわんだ雰囲気が自然な仕上がりを醸し出します。
乳房再建の中でも、人気の方法です。安全に乳房再建手術を行なえるという点が人気の理由です。