保険の適用 | 少しでも異変に気付いたら早めの診察を受けよう

少しでも異変に気付いたら早めの診察を受けよう

医者

保険の適用

がんは日本で多くの人がかかる病気です。女性特有のがんである乳がんにかかる女性も非常に多くいます。
その数は、年間6万人にも登ります。6万人もの女性が乳房を失う喪失感と悲しみを感じているのです。女性としての自信を失い、違和感に悩んでしまいます。
そのような女性にとって、乳房再建は希望の星といったも過言ではありません。再び女性としての輝きを取り戻せると期待しても、高額の手術費を払えずに諦めてしまうということもあります。
手術方法や、入院期間によって変動はありますが、100万円前後の手術費は必要です。これまで乳房再建は保険適用外でしたので全額自己負担でした。乳がん治療や手術の費用を支払った後で、この出費は大きな痛手です。

乳房を失った女性のために、2013年に乳房再建が保険適用内となりました。それによって100万円かかっていた手術費用を30万円程度に抑える事ができるようになり、支払いの負担が軽減しました。
その為、乳房再建手術を受ける女性が急増しました。このような状態ですが、乳房再建の手術を行なう医師が不足しているという現状もあります。
乳房再建の手術を行なうには、専門の学会による講習を受ける必要があります。しかし、その講習の内容が不十分といった指摘もあります。
技術が伴わない医師が執刀を行ない、仕上がりに満足が行かない女性が出てくる可能性もあります。今後乳房再建の手術をうける際には、しっかりとした技術と実績を持った医師を選びましょう。